スモールステップでの「次の段階」の探し方・始め方。母子通園療育、9か月目の息子

スモールステップには好きなこと・得意なことならがんばれる息子 息子の発達
スポンサーリンク

3歳の夏から通い始めた、息子の母子通園療育

みどり
みどり

半年くらい通って、集団生活の練習をすれば、きっと息子は見違えるように発達するはず…。

保育園入園のときには、きっと、しっかりなじめるようになっているはず…。

そう、自分に言い聞かせながら始めた、私と息子の母子通園。

しかし、開始から半年ほどたったところで、

  • 息子の発達検査の結果(境界域
  • 療育園で、日に日にあらわになっていく、こだわりや偏り

などを考慮した結果、

母子通園を、とりあえず、年少クラスのもう1年、延長しましょう。

と、療育園の先生から宣告(?)されることになりました。

専門の先生と親とで、どっぷりと息子の発達に向き合う期間が、もう1年、延長。しかも、週3日から週5日…通園日数も増える。

娘の幼少期よりもずっと手厚く、息子の療育ができる

本当に、ありがたいはず、なのですが…。

息子の発達凸凹に理解のある母、と見せかけて、実は「豆腐のメンタル」な私は、

  • 息子の偏った発達と、向き合わざるを得ない、毎日
  • 専門の先生方の前では、手を抜けない、なまけられない療育
  • 平日の大半を拘束されるのに、お給料をもらえない、むしろ払うスケジュール

という、これから始まる「週5日の母子通園療育」に、内心、かなり重い負担感と疲労感を感じていました。

それでも、逃げるわけにはいきません。これから始まる1年間は、専門の先生方と「チームで」息子を育てることができる、大切な1年間です。

みどり
みどり

息子のこれからの人生にとっても、私たち家族にとっても、有効な1年にしなければ…

母子通園療育1年延長、の「宣告」から3か月。

ようやく私の中にも、息子の療育への「前向きな気持ち」と「覚悟」が、よみがえってきました。

でも、息子のより大きな発達をうながすためには、何が大切なのか?

発達に偏りがあり、コミュニケーションの難しい息子に、いきなり大きくジャンプアップさせようとしても、無理があります。地道に着実に、スモールステップを積み重ねていくしかありません。

みどり
みどり

でも、スモールステップって、難しい…。

次に何させたら、もっと成長できるのか、よくわからない…。

みどり
みどり

スモールステップだからこそ、できるだけ近道で、最速で発達してほしいけど…。

何をさせたら「遠回り」になってしまうのかも、分からない…。

スモールステップ、という言葉を聞くたびに、私はとても難しく感じていました。

スモールステップの「大きさ」と「方向性」

実は、その見極めのためには、

  • できること」「苦手なこと
  • 遠い未来を見据えた目標

が、とても大切になってきます。

今回は、もうすぐ年少クラスになる、というころの息子の状況と、まず最初に目指したスモールステップについて、まとめたいと思います。

スポンサーリンク

母子通園療育~9か月たった、息子の様子

母子通園療育の開始時、

  • 給食…泣いて暴れて拒否・脱走
  • お昼寝…泣いて拒否。個室対応
  • トイレ…入室をかたくなに拒否

と、親も挫折感でがっくりするほどの「強い拒否」を持っていた息子。けれど半年たったころには、

  • 給食座って「いただきます」はする
  • お昼寝…個室では、泣かずに入眠
  • トイレ入室して、便座には座る

など、伸びる兆しが見えてきました。しかし、最終的に目指す、

  • 給食を食べる
  • トイレで排泄する(家ではできる)

などという到達点には、ほど遠い息子。なかなか大きな成果が出ない療育に、私は大きな疲労感を感じていました。

そこからさらに、3か月ほどが経ち、母子通園9か月目にさしかかるころ。息子は、私の期待や予想とはちょっと違った方向で、息子らしい歩みを見せていました。

みどり
みどり

そっちに来たか…!?

と、私はあっけにとられることが多かったです。

給食は、みんなと一緒に食べたい!という姿勢?

相変わらず、

息子
息子

おいしいご飯をいただきます。

(ご飯と牛乳は摂取)

これ食べられません。いりません。

(おかずの皿をのける)

おいしいご飯ごちそうさまでした。

で終わってしまう、息子の給食。

しかしここにきて、息子の給食(ご飯と牛乳だけ)の「食べ方」が変化してきました。

以前は、

  • 周りのお友達のことなどまったく目に入っておらず
  • 食べたいもの(主にコメ)だけ少し口にする
  • コップの牛乳をごくごく飲み、さっさとごちそうさま

という状態だった給食。それが、

  • 食べながら、食べているほかの子を、ちらちら眺めている
  • 牛乳を、あたかも食べている風に、スプーンですくって1口ずつ飲む(時間がかかる)

という様子を見せるようになりました。

息子の中に、

息子
息子

給食は、みんなと一緒に、同じように食べたいな…

という気持ちが、ほのかに芽生えてきたように感じました。

トイレは、初めて1度成功!しかし…

トイレは、初めて1度、「療育園の便座で排泄」することに成功しました!

しかし。

そこから先の息子の反応は、私の期待と予想の、はるか斜め上を行くものでした…。

トイレに座って、初めて排泄できた日。しかしそのとき、息子本人は、いつも通り、

息子
息子

便座に座るだけ

という気持ちで、排泄するつもりはなかったようです。

しかし、たまたま、できたのです。

「自分がトイレで用を足した」という…その事実そのものに、ものすごく驚いた様子の息子。

息子
息子

ギャー!トイレおしっこ、こわいよー!

と泣き叫んで、トイレから脱兎のごとく逃げました。追いかけていって、

できたね!

みどり
みどり

えらかったね!

と、先生と親とでほめちぎったのですが、ちっとも息子には刺さらず。

なんとそのまま、トイレを怖がって入れない「初期状態」に逆戻りしてしまいました…。

みどり
みどり

「トイレで排泄」という成功を体験することで、怖がらずにできるようになる!

と私は考えていたのですが…。成功したことに驚愕して後退してしまう…などとは思ってもいませんでした。

そんなわけで、トイレに関しては、ふりだしに戻ってしまいました。

お昼寝は、大部屋で眠れるようになった!

「お昼寝」も泣いて暴れて嫌がり、いつも「個室」を用意してもらっていた息子。

しかしある日、園の都合で、いつもの個室が使えませんでした。

別の個室を用意してもらった息子。しかし、いつもと違う部屋(会議室の一角でした)の雰囲気に、かなり居心地が悪かったのでしょうか。

息子
息子

ぼく、大きいお部屋で寝る。

と、息子が突然言いました。私はびっくり。

しかしこれは、息子本人が、

息子
息子

みんなが寝ている大きいお部屋で寝てみたい…

と思ってくれた、またとないチャンスです。

すぐに先生と、お昼寝布団を大部屋に移しました。遮光カーテンが引かれ、暖房がよくきいた、あたたかいじゅうたんのお昼寝部屋。息子は騒ぐことなく、穏やかな顔でお昼寝をすることができました。

この日以降、息子は、大部屋でお昼寝できるようになりました。

みどり
みどり

こういう息子でも…。

ある日熟した実が自然に落ちるように、階段をのぼることができるのだな…

と、私は感慨もひとしおでした。

お昼寝に関しては、次の目標は、「親なしでも眠れるようになる」というものになりました。

絵カードを駆使して、スケジュールを把握

息子は、1日のスケジュールをこなすことについても、切りかえが極度に苦手でした。

朝の会から園庭に出るときも拒否、園庭から教室に入ることも拒否、給食からお昼寝の流れも拒否、お昼寝から起きるのも拒否。拒否、拒否、拒否…。

それで、スケジュールを「絵カード」で、こまめにチェックするようにしました。

ですが、1日の流れを、すべて一度に絵カードで見ると、

  • 給食
  • 昼寝
  • おやつ

などなど、嫌いなカードがいくつも目に入って、息子が怒り出します。それで、

「園庭」のカード→「教室で手を洗う」のカード

などの形で、切りかえ時の「前と後の絵カードのみ」を、矢印(→)シールの左右に貼り付けて使える「行動切り替え用のカードボード」を、先生が別に用意してくださいました。

このカードボードを使いながら、次の行動に切り替える練習を重ねました。

スモールステップでの「次の段階」を、どうやって決めたらいいのか?

息子に対して、親が期待している「とりあえずの到達点」は、

  • 給食で、いろいろなものを楽しく食べる
  • トイレで、不安なく排泄する
  • を自分で着る・脱ぐ

といった、「日常生活での身辺自立」です。

まず、「コミュニケーション」以前の段階です。まずはここをクリアできたら、本人も親も、日々の暮らしがぐっと楽に、楽しいものになります。

身辺自立がもう少しできれば、保育園の入園も視野に入れることができます。療育園でも、母子通園ではなく母子分離にできるかもしれません(そういう子もけっこういます)。

そうすれば、私もパートなどで働きに出たり、施設に預けっぱなしの夫の祖母のお世話も、もっと増やせるかもしれません。今は息子にかかりきりで、祖母の通院の付き添い(規約では家族がする)なども、施設の職員の方たちに肩代わりしてもらっている状態です…。

けれど、そんな大きな目標にたどり着くためには、結局、1段ずつスモールステップを積み上げていかなくてはなりません。

しかし、このスモールステップ、

みどり
みどり

次は、どこまで目指せる?クリアすることで、ちゃんと次につながってる?

と、見極めることが、私はなかなか難しく感じます。

次の段階に進むたびに、これでいいのか悩み、なかなか出ない成果に不安になり、焦り…。それが息子に伝わって、ますますうまくいかなくなり、悪循環になったり。

スモールステップの「次の段階」は、どうやって決めるの?

来年度に向けた、療育園の先生方と親との個別面談の中で、私はその疑問を先生方に相談してみることにしました。

療育園の先生方と、来年度の目標を考えてみる

ここの療育園では、1~2月に、療育園の先生方と親との個別面談があります。通園療育を継続する場合は、このときに、次年度に目指したい目標を、先生方と親とで考えることになります。

私はここで、

みどり
みどり

息子には、とりあえずまずは、身辺自立ができるようになってほしいんです。

みどり
みどり

でも…。

  1. まず何ができるようになったらいいか?
  2. できるようになるためのスモールステップ、その「高さ」と「方向性」の決め方は?
みどり
みどり

ということが、息子を見ていても、全然分からないんです。

みどり
みどり

息子がこれからどう伸びるのかも、よく分からない。

何が近道で、何が遠回りなのかも、よく分からない。

みどり
みどり

先が見えない気持ちになります…

と、相談しました。

療育園の先生方は、

遠い先に大きな目標があることは、療育の方向性を決めるうえで、とてもいいことです。

それを踏まえて、今はまだ、

何をやらせるか?

ではなく、

息子くんのできること、好きなこと」を、たくさん探すこと

が、大切だと思います。

つまり…。

  1. 好きなことや、できることを見つける。
  2. そこから、少しずつレベルアップしていく。

それが、無理なく、発達を促すことができる方法だと思います。

そのときに、

「いずれはきちんと食事をしてほしい」

「どこでもトイレに行けるようになってほしい」

という「まだ先の目標」は、方向性を決める指針になりますよ。

と、方針を示してくださいました。

さすが、専門の先生です。私はだいぶ、目の前の道が明るくなったような気がしました。

みどり
みどり

スモールステップでの「次の段階」は…。

  1. 「未来」を見据えて
  2. 今できるところ」を伸ばすように
みどり
みどり

そうやって、決めていけばいいんだ!

と気がつきました。

スモールステップは、未来を見据えて…息子が今できること、苦手なことは?

スモールステップを積み重ねていくため、「未来」と「今」を見つめていくことの大切さを、先生方との面談で強く感じた私。そのために、

  • 息子が今、できることは、何なのか?
  • 息子が今、苦手なことは、何なのか?

を、まず見極めることが、とても大事になると思われました。

息子が苦手なこと;コミュニケーション、初めてのこと

息子が苦手なことは、

  • コミュニケーション
  • 未経験のこと・モノ

です。

コミュニケーションは、「相手の意志に興味がない・理解できない」という部分です。

未経験のこと・モノは、苦手というより「恐怖」の対象のようにも見えます。

息子ができること;パターンで覚えること

息子ができることは、

  • パターンで覚えること
  • 理解したことを、記憶すること

だと思います。

息子は、

何度も経験してルーティンになったことは、かなりきちんと覚える

ということができます。

相手の言ったことや、絵本の読み聞かせ・動画視聴などでインプットした情報を、完全コピーすることもできます。長文のオウム返しも得意です。

そして、

一度覚えたことは、定着も良い

という部分も感じます。

まあ、

みどり
みどり

インプットそのものが、難しい…

のが問題ですが。

息子が得意なこと;数字・文字の認識、車両全般

息子は、

  • 数字・文字の認識
  • 電車・緊急車両・重機などの認識

が、とても得意です。

もっとも、数字・文字に関しては、本が読めたり計算ができたりするわけではなく、「文字単体で読める」だけ、読むのが好きなだけ、ですが。

車両に関しては、ショベルやはしご車、ポンプ車やドクターイエロー(新幹線路検査)など、駆動・可動する部分を物理的な視点から見つめることが、面白いようです。同じ視点からか、ピタゴラスイッチも好きです。

この、「得意で、好き」なものに関する情報のインプットは、かなり良いようです。コミュニケーションが必要な時には、その手段として、

好きなものに関連付ける

ということも、有効だと思います。

息子の苦手の「理由」も、見極めたい!

息子のスモールステップの「方向性」と「大きさ」を決めるときに、

  • なぜ苦手なのか?
  • どうすれば、苦手を和らげられるのか?

を見極めることも、重要になってくると思います。

極端なシングルフォーカス?

息子
息子

見たいことしか見ない

息子
息子

したいことだけするの

息子
息子

やりたくないことはやりたくない!

という、相手の思いがとても伝わりにくい息子の特性。これは、

みどり
みどり

極端なシングルフォーカスに起因していることが大きいのでは?

と、私は感じています。

シングルフォーカスとは…?
1度に1つのことにしか意識を向けられず、他の情報が入らない状態のことです。
いろいろな事柄の「結びつき」が理解しにくく、興味のあること以外のインプットが難しい状態です。
「モノトラック」とも言います。

逆に言えば、

みどり
みどり

フォーカスさえできれば、情報がインプットできるかも!

ということなので、

視覚優位を生かして「絵カード」などを使いながら、コミュニケーションをとったり知識を増やしていける!

という、前向きなとらえ方もできます。

そう簡単に行かないのは、よく分かってはいるのですが…。

感覚過敏?

息子は、強い感覚過敏を見せることがあります。

療育園の先生にも、

息子くんが給食を嫌がるのも、園のトイレを怖がるのも、実は、

息子
息子

ご飯、冷たすぎる

息子
息子

ご飯、熱すぎる

息子
息子

便座が冷たくて痛い

など、もしかしたら感覚過敏が影響しているかもしれません。

「許容できる温度の範囲」が、ものすごく限定されている子は、息子くんだけでなく、療育園ではわりとよくいます。

と、指摘されました。

息子は、快・不快をまだ上手に言葉に表すことはできません。だから、感覚過敏が原因になっていると断定はできません。しかし、息子を見ていると、

みどり
みどり

それはありそう…

と、私も感じています。これは、

反応を観察しながら、配慮をしていく

というかたちで、日常生活のいろいろなことがもっとスムーズになるかもしれません。1人でできることも、増えるかもしれません。

人の表情が怖い?よくわからない?

息子の発達検査を担当していただいた言語聴覚士の先生には、

息子くんが視線を合わせにくかったり、話す相手のことを見ないのは、「人の顔を見るのが怖い」という理由もあるかもしれません。

と指摘されました。

発達障害のある人には、

  • 人の表情は、刻々と微妙に変化し、とても認識しずらい
  • 人の顔が、もやもやと見えてはっきり認識できず、のっぺらぼうみたいで怖い

という感覚を持つ人がいるそうです。

息子
息子

相手の気持ちが、よくわからない…

ではなく、

息子
息子

相手の顔が見えない・怖いから、相手の気持ちが読めない…

かもしれないのです。

私もなんとなく、息子にそれを感じています。私が動いているときよりも、静止しているときの方が、息子は注目します。「男の子がズボンを履く動画」を見せるよりも、「ズボンの履き方を図解した絵カード」を見せる方が、息子には伝わります。

動より静の方が、インプットしやすい。
変化するもの・いつもと違うものを、異常なほど怖がる。

「実写での人間の動き」は、息子にとっては「見たくないもの」「見づらいもの」なのでは?と感じるのです。

息子らしく発達していくために、有効な1年にしたい

1年延長になった、母子通園療育。せっかくなら、息子のためにも私たち家族のためにも、よい1年になるようにしたい。

そのためには、息子の「今」と「未来」をよく見極めた、着実なスモールステップを積み重ねていくことが大事になる、と私は考えています。

行きつ戻りつかもしれないけれど、息子に、より大きく伸びてほしい。

そのために、療育園の先生方と親とで、チーム一丸となって、サポートしていける1年にしていきたい。そう思います。

コメント