独占欲

娘の発達

特別支援学級は『女の子で小学校高学年の娘』にとって「今こそ必要で大切かも」と思っている話(条件あり)

思春期の入り口にいる、ADD&ASDの娘。悩みに共感し分かち合ってくれる特別支援学級の女子友達や先生は、娘にとってかけがえのない存在になっています。発達障害のある娘にとっては、低学年のころよりさらに「特別支援学級」の存在が大切になっているという話です。
2019.03.28
スポンサーリンク